会社概要

沿革

1961年
創業者馬場具三郎、和洋紙の加工・販売を目的として大阪市東区南本町1-18に於いて個人開業
1963年
法人に組織変更
資本金200万円として本社を大阪市東区十二軒町17に移転
名称を「株式会社馬場洋紙店」とする
馬場具三郎、代表取締役に就任
1964年
コンピュータ関連用紙の将来性に着目し、愛知県刈谷市にて専門工場の建設開始
1965年
工場完成を機に本社を愛知県刈谷市半城土町大原156に移転
コンピュータ用連続伝票の本格生産を開始
1968年
資本金800万円に増資
1973年
ストックフォーム専用ダブルマシン導入
1975年
浜松営業所開設
ストックフォーム専用ダブルマシン増設を機に本社工場改築
資本金2,000万円とする
1978年
大阪営業所開設
1985年
資本金3,000万円に増資
設備の更新を機に刈谷第2工場新設
東京営業所開設
1987年
社名を「馬場データライン株式会社」に改称
1990年
本社工場を愛知県安城市赤松町的場190-3に移転
1993年
社名を「データライン株式会社」に改称
1996年
中期計画にて、一般印刷への進出を決定
2003年
高速4色BF輪転機(バリアブル)導入
2005年
プライバシーマーク(Pマーク)取得
高速印字プリンター導入
2015年
中期計画にて、新事業として「CSC事業部」の立ち上げを決定
2016年
データ拠点として、名古屋営業所を開設
2019年
本社を、愛知県安城市三河安城町2丁目19-15に移転